Webで使える画像といえばJPG、GIF、PNGが長いこと定番でした。しかし、Webサイトの読み込み速度をもっと早くするためにGoogleが新しい画像フォーマット「WebP」を提唱しました。

CNETに変換のBefore Afterの画像が上がっていたのでこちらも紹介。

JPEG

上が元画像。サイズは46,768 bytes.

WebP

そしてこちらがWebPに変換後の画像(ブラウザで表示できないのでPNG)。サイズは36,154 bytes.

見た目にはほとんど差がわかりません。

WebPとは?

さて、このWebPとはいったいどういった画像フォーマットなのでしょうか?
以下に公式サイトに書いてあることを簡単に説明します。

  • WebPはJPEGと同様に圧縮率を指定可能です。ユーザーがサイズと画質のトレードオフをコントロールできます。
  • ビデオ圧縮技術VP8を流用。
  • 実際にWeb上の画像を100点WebPフォーマットで画質を保ったまま再エンコードしてみたところ、平均してファイルサイズの39%圧縮に成功。
  • WebKit用のパッチを開発中で、次期Google Chromeでネイティブサポート予定。
  • 現在、コマンドラインツール(webpconv)は公式サイトからダウンロード可能。
  • WebPを使用するとサイトをより高速に表示させることができます。

ちなみに、WebPは(ウェッピー)を発音するようです。なんだか可愛らしいです。

WebP Home

関連サイト

Bookmark & Share

One Response to “Googleが提唱する新画像フォーマット「WebP」”

  1. you2u より:

    Googleが提唱する新画像フォーマット「WebP」 – http://bit.ly/8XdE7J

Leave a Reply

  • Categories