トランスフォーメーション展

東京都現代美術館で開催されている「トランスフォーメーション展」に行ってきました。

この展覧会は「変身-変容」をテーマに人間とそうでないものとの境界を探る展覧会です。

「マシュー・バーニー」の人間の身体における内部と外部の関係性や変容をテーマにした《クレマスター3》、パトリシア・ピッチニーニの水中におぼれた少女がエラをもつ生物へ変身をとげる映像作品《サンドマン》、及川潤耶の自身のリップノイズや鳴き声などの音源を有機的に拡張/伸縮させた電子音楽《transformation》などが印象的でした。

お昼過ぎに行ったのですが映像作品が数多く出品されていたので、あっという間に時間がすぎ、蛍の光が流れ出してしまいました。
できれば午前中から行かれることをオススメします。

東京アートミーティング トランスフォーメーション

会期


2010年10月29日(金)~2011年1月30日(日)
1/3, 10は開館、12/29-1/1, 1/11は休館

開館時間


10:00から18:00まで ※月曜休館 月曜日が祝日の場合は開館、翌日休館。年末年始休館(12/28~1/4)

会場


東京都現代美術館
〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1

入場料


一般 1300円、学生・専門学校生・65歳以上 1000円、中高生 650円、小学生以下無料

東京都現代美術館 | MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO

Bookmark & Share

One Response to “「トランスフォーメーション展」に行ってきました”

  1. you2u より:

    「トランスフォーメーション展」に行ってきました – http://bit.ly/9P58UE

Leave a Reply

  • Categories