アド・ミュージアム東京で開催中の「D&AD賞 2010展」に行ってきました。

「D&AD賞 2010展」に行ってきました

「アド・ミュージアム東京」は、広告とマーケティングに関する日本で唯一のミュージアムで、広告に関するさまざまな企画展をしています。
そこで現在開催中なのが「D&AD賞 2010展」。
D&AD賞は、世界で最も厳しいと定評のある審査によって選考される国際的なデザイン・広告賞です。

きっかけ

「イヤホンでできている音符」

D&AD賞 2010展に行こうと思ったきっかけは、「イヤホンでできている音符」をネット上で知り、その時は「おぉ、考えたなぁ。」としか思ってなかったのですが、D&AD賞 2010で「イエロー・ペンシル賞」を受賞し、これは見に行かなければとなったのです。実に単純…

気になったものをいくつか紹介

「一兆ドル紙幣のチラシ」

「一兆ドル紙幣のチラシ」

この広告は、超インフレと不当な重税に喘いでいたジンバブエ新聞が、紙くず同然となった一兆ドル紙幣に直接メッセージを印刷し、DM、ポスター、ビルボード等を制作したもの。「ブラック・ペンシル賞」を受賞しています。

紙に印刷するより紙幣に印刷する方が安いという信じられないようなほんとの話です。

「世界一大きい道路標識」

「世界一大きい道路標識」

こちらはノキア社の企業理念を実証するため制作された世界一大きい道路標識。
オンラインやモバイル機器上のナビゲーションサービスを広く認知させ使用を促すための、高さ50メートル、重さ60トンのSMS制御の巨大道路標識型ナビ。道路標識に目的地をメールすると、瞬時に行き方を表示してくれる。「イエロー・ペンシル賞」を受賞しています。

こんなに大きなものを自分が動かしていると思うとなんだかワクワクしますね。

その他にも

アド・ミュージアム東京には「広告図書館」という広告やマーケティングに関連する本だけを集めた専門図書館もあります。今回は閉館時間ギリギリで入れなかったのですが、次回はそこにも行ってみようと思います。

クリエイティブなお仕事をされている方は見に行かれてはいかがでしょう。

「D&AD賞 2010展」

会期
2010年10月6日(水)〜11月21日(日)

会場
アド・ミュージアム東京(入場無料)

広告とマーケティングの資料館「アド・ミュージアム東京」

Bookmark & Share

One Response to “「D&AD賞 2010展」に行ってきました”

  1. you2u より:

    「D&AD賞 2010展」に行ってきました – http://bit.ly/9G3fjy

Leave a Reply

  • Categories