「FinePix X100」を見た瞬間心に火が付いたので紹介します。

心に火が付いた「FinePix X100」

クラシックなテイストの富士フイルムの「FinePix X100」。見た瞬間に心に火が付きました。

レンズはFinePix X100のために開発された固定式単焦点レンズ23mm F2(135mm換算35mm)。
撮像素子はAPS-C型の1230万画素のCMOSセンサーなので、一般向けのデジタル一眼と同じサイズです。
特徴的なのは新開発の「ハイブリッドビューファインダー」で、光学ファインダーと液晶ビューファインダーを切り替えて使えるそうです。

来年3月発売予定で、価格は12-15万円程になるそうです。

FinePix X100のサイトには開発発表ムービーとPDFカタログがあるので、気になる方は見てみてください。

Bookmark & Share

One Response to “心に火が付いた「FinePix X100」”

  1. you2u より:

    心に火が付いた「FinePix X100」 – http://bit.ly/axXp9R

Leave a Reply

  • Categories