ユーザー認証で使われている「CAPTCHA」を利用した新しい広告「CAPTCHA AD Solve Media」の紹介。

ユーザー認証を広告に「CAPTCHA AD Solve Media」

「CAPTCHA」はもともと、コンピューターを使ったアカウントの取得を防ぐための仕組みで、コンピューターには読めないけれど人には読むことのできる文字列をユーザーにタイプさせ人と機械を判断するというもの。
今までのCAPTCHAの文字列は滅茶苦茶かつ複雑で、人であるはずの僕ですら解読できなかった経験があります。

そこまで難解なものだからこそよく読む、そこでここに企業ロゴやコンセプトを表示させると?と考えたのがSolve Media。

CAPTCHAに広告としてメッセージを表示さればユーザーは注意深く読んだうえでタイプしてもらえる、しかもバナー広告やテキスト広告に慣れて広告を見なくなったユーザーですらなかば強制的ですが見てしまう。
動画の中では他のバナー広告などと比べて1200%の効果があるとも言っています。

目の付けどころがユニークな広告です。

Solve Media

Bookmark & Share

Leave a Reply

  • Categories